治療メニュー

ピーリング

ケミカルピーリングとは、肌に薬剤を塗り、肌表面にこびりついている古い角質を取り除く治療です。本来、健康な肌は約28日周期で肌が生まれ変わりますが、年齢とともにこの周期が乱れ、肌表面に残った古い角質が溜まってしまいます。それにより角質層が厚くなり、くすみ・ニキビ・小じわなどの様々な肌トラブルが発生してしまいます。ケミカルピーリングで使用する薬剤は、肌のターンオーバーが活性化し、角質層同士の結びつきを弱める働きがあります。古い角層が取り除かれた後に、新しい角層の生成が促されます。

このようなお悩みの方にお勧め
  • しみ
  • しわ
  • ニキビ
ピーリングの特徴

ケミカルピーリングによって、乱れたターンオーバーのサイクルを正常に戻すと、新しい皮膚の再生が促され、古い角質がなくなった肌はワントーン明るく、つやも出てきます。 肌表面の角質をはがす際、毛穴に詰まった皮脂汚れもキレイに取り除きますので、角質肥厚によるニキビ・毛穴のザラツキなどが解消されます。 メラニンの生成を抑え、コラーゲンやエラスチンの産生を促進する効果もあるため、くすみも改善され、透明感にも効果的なので、ご結婚式前のブライダルエステに選ばれる方も多くいらっしゃいます。毛穴の悩みやくすみ、小じわなど幅広い悩みに適した治療ですので、施術にお悩みの方に非常におすすめの治療です。

施術時
  1. 薬剤塗布時間約5分
  2. ハレ・痛みはほとんどありません。
施術後
  1. 処置後はわずかなかゆみやピリピリした感じがありますが心配ありません。気になる場合は冷たいタオルか、タオルで包んだアイスノンで冷やしてください。
  2. シャワー・洗髪・入浴は当日から可能ですが、治療部位は1~2週間はこすらないようにしてください。
  3. 処置部は日焼けしやすくなってしまうので1~2週間は外出時は日焼け止め (UV カット )を使用するように心掛けてください。

Co2レーザー

CO2レーザーは、水に反応する特長のレーザーです。レーザーを照射することで、皮膚に存在する水分に反応します。その結果、熱が生じ瞬間的に蒸散することで皮膚を削っていきます。端的にいえば、患部をレーザーで「削っていく」治療です。ほくろの治療では、メスでの外科的な除去を行うこともありますが、CO2レーザーならば短時間かつ、術後の患部も切除・縫合よりも傷跡を自然に仕上げることができます。(傷跡の全く残らない治療ではありません)

このようなお悩みの方にお勧め
  • ほくろ
  • いぼ
Co2レーザーの特徴

ほくろの部分をまず局所麻酔して、しっかり麻酔を効かせてからCO2レーザーで削って除去します。外科的に除去する場合に比べて、安全かつ傷跡を自然に仕上げることが可能です。レーザーでほくろを削り、傷を自然に上げて治す治療です。下にほくろが深い部分は何度かに分けての治療が必要になります。また、直径5mm以上の大きなほくろはレーザーではなく、手術で取る方法をお勧めすることもあります。
いぼも患部をCO2レーザーで削ります。治療時間・安全性が高い治療法です。安全性が高い治療ですが、いぼを取った付け根の部位は小さな傷になりますので、傷がよくなるまでアフターケアをお願いいたします。

施術時
  1. 施術時間約10分程度
  2. 治療部位に注射でしっかり麻酔をします。
施術後
  1. 治療部位に抗生物質の軟膏を塗布したり、ガーゼ保護を行います。
  2. 洗顔入浴時はガーゼをとって、そっと塗布した軟膏を洗い流してください。その後また軟膏塗布、ガーゼもしくはテープ保護を傷が平らになるまで行ってください。

高濃度ビタミンC点滴療法

高濃度ビタミンC点滴療法

高濃度ビタミンC点滴療法とは、先進治療としてアメリカなどで研究されているがんと健康増進の治療法です。大量のビタミンCを直接体内に投与し、ビタミンCの血中濃度を一気に上げます。この点滴療法には、美容・美肌などの効果もあることから、美容目的で使用されるようになりました。
コラーゲン生成の促進やメラニン生成の抑制をするため、美白とともにシミやそばかすの改善が期待できます。また、風邪予防や疲労回復にも効果があります。
経口摂取とに違い、ビタミンCは水溶性なので、大量に経口摂取しても、体外に排出されてしまうため、ビタミンCの血中濃度は一定以上より上がりません。
ですが、点滴の場合は、静脈内に直接投与することで、経口摂取の数十倍もの高い効果が期待できます。

このようなお悩みの方にお勧め
  • 美肌
  • 疲労回復
  • アトピー性皮膚炎
  • 免疫力向上
  • 喫煙
  • 飲酒
高濃度ビタミンC点滴の特徴

・コラーゲン生成の促進
健康な皮膚や血管、筋肉、骨などを作るのに、コラーゲンは欠かせません。ビタミンCは、線維芽細胞の働きを高め、コラーゲン生成を促進する作用があります。コラーゲン生成を促進することで、肌のハリや弾力を保つことができます。(シワ、たるみの予防)

・メラニン生成の抑制
肌が紫外線を浴びると活性酸素が発生し、肌を守るためにメラニンが生成されます。これがシミのものになります。ビタミンCはシミの原因となるメラニン生成を抑制・還元(美白作用)させる働きがあるので、シミの予防、改善をします。

・抗酸化作用
ビタミンCは老化・心臓病・がんなどの生活習慣病を誘発する活性酸素を、抗酸化作用で無毒化します。また、活性酸素から肌を守り、皮脂の分泌を抑制してニキビの予防、改善もします。
その他、疲労回復、抗ストレス効果、免疫力向上、がん予防作用、生活習慣病改善など
美容・アンチエイジングだけでなく、健康維持の効果も期待できます。

高濃度ビタミンC点滴を行えない方
  1. 末期の心不全、腎機能低下の方は水分やナトリウム過剰によって病状の悪化をきたすことがあります。
  2. G6PD欠損症の場合は溶血をおこすことがあります。治療開始まえにG6PD欠損症の検査をお受けになることをお勧めいたします。

紫外線対策サプリメント「U・VLock」

紫外線対策サプリメントU・VLock

紫外線対策サプリメント「U・VLock」とは、体の内側からUVケアができるサプリメントです。強力な抗酸化成分で、塗る日焼け止めだけでは防ぎきれなかった紫外線もカットします。
1日1粒24時間効果が持続し、外出中などに飲み直しの手間がありません。またそのた、6種類の美肌成分を配合。くすみのない若々しい肌を保ちます。

このようなお悩みの方にお勧め
  • 美肌
  • 紫外線対策
  • 敏感肌
  • レジャー・行楽
  • アンチエイジング
U・VLockの特徴

飲むUVケアの主成分は、グレープフルーツ由来のシトラス成分と、ローズマリー由来のハーブ成分を、エビデンスに基づき独自ブレンドしたUVケア成分です。紫外線を浴びた際に体内から大量発生する活性酸素を除去するのと同時に、炎症を抑える事で日焼けによるシミ・肌老化を防ぎます。10年以上の研究実績があり、その有用性・安全性はスペインの大学研究期間の臨床実験で証明されています。1日250mg(U・VLock1粒分)摂取することで、24時間紫外線からお肌をお守りします。また植物成分のためやさしく、副作用の心配もありません。

飲み方

毎朝1粒を目安に摂取してください。
・継続して摂取することにより紫外線に対する防御効果が高まります。
・レジャー時のみ等ピンポイントでご使用する場合は、日焼けする前日〜3日後まで摂取していただくことをお勧めします。
・万が一日焼けしてしまった後でも、その直接から摂取することで、お肌のダメージを半分以下に軽減できます。

プラセンタ注射

プラセンタとは哺乳動物の胎盤のことです。胎盤は子宮(母体)と胎児を結ぶ間にあり、胎児の各種臓器の代行をするところです。母体からへその緒を通じて栄養分を胎児に送る働きや、ホルモン分泌、また毒物などの侵入から胎児を守る免疫機能の役割もしています。
この胎盤を原材料にして作った注射薬を使う治療をプラセンタ治療といいます。

このようなお悩みの方にお勧め
  • 美肌
  • 疲労回復
  • アンチエイジング
  • 更年期の症状改善
  • アトピー性皮膚炎
  • アレルギー体質改善
プラセンタ注射の特徴

プラセンタには必須アミノ酸、活性ペプチド、ビタミン、ミネラルなどの栄養分の他、様々な成長因子も含まれています。このような豊富な栄養分とプラセンタのさまざまな薬理作用により、「細胞を活性化」「免疫力の強化」「炎症を抑える」「血流をよくする」などの効果があり、アンチエイジング、肝機能の改善、更年期障害、アトピー性皮膚炎の改善、美肌効果、アレルギー体質の改善などに効果があります。

施術時
  1. 施術時間約10分程度
  2. 痛みや、腫れや傷口ができる心配もありません
  3. 2週間に1度の注射が効果的です
施術後
  1. 施術後すぐにお化粧してお帰りになれます。
  2. 終わった後に鈍痛が少しある場合もあります。

レーザーリフト・レーザーフェイシャル

1度のレーザーリフトでたるみの改善が実感でき、レーザーリフト直後から肌のもちもち感や、フェイスラインの変化を実感いただけます。

このようなお悩みの方にお勧め
  • しわ
  • たるみ
  • 小顔
レーザーリフトの特徴

レーザー装置は、米国キャンデラ社の最新医療装置ロングパルス・ヤグレーザーを使用します。このレーザー光は、皮膚の真皮層を加熱することができ、肌を引き締める効果があります。皮膚の深部まで到達したレーザー光は、熱エネルギーに変換され、皮膚内で軽い炎症を起こすことで真皮のコラーゲンの生産を促し、肌の内側からキメやハリを改善していきます。

施術時
  1. 施術時間約30分程度。
  2. レーザーをお顔全体に照射(多少痛みがある箇所もあります)
  3. すぐにお化粧が出来ます。
施術後
  1. レーザーリフト通院の目安は1〜3ヶ月おきのペースです。
レーザーフェイシャル

アレキサントライトレーザーで顔面に直径12ミリ〜15ミリのサイズのレーザーを少し重ねて照射します(50-80回程度)。照射後は一時的に皮膚科が赤く、軽度腫れます。5分程度冷却をします。照射後数日は特に色が濃い色素斑の部分に黒い点のようなものが浮き出てくる場合がありますが、一過性の変化です。この変化がでたほうがより効果が出ることが期待できます。

期待される効果について

  1. 色素斑が薄くなることが期待できます。この効果は個人差も強く、劇的に効果が出る方や、少ししか効果が出ない方もおられます。一般的に月1回で3−5回照射した結果がひとつの目安と考えられます。
  2. 肌の若返り効果が期待できます。照射を行うと肌の張りがよくなり化粧ののりがよくなることが期待できます。この効果はほとんどの方でみられます。

美肌促進化粧品(高濃度ビタミンCローション)

美肌促進化粧品(高濃度ビタミンCローション)は、特にニキビ治療、ニキビ跡治療、シミ治療、アンチエイジング治療に使用されます。ビタミンCをコーティングして肌へしっかり浸透させ、肌内部でビタミンCへと戻します。具体的には、アクネ菌に対する抗菌作でニキビの改善、活性酸素除去作で皮膚の老化・シミ・小じわ・たるみ・ニキビ跡の予防と改善、メラニン生成抑制作用で美白効果・シミの改善、コラーゲンの生成促進作用でシミ・小じわ・毛穴・ニキビ跡の改善に効果があるといわれています。

このようなお悩みの方にお勧め
  • しみ
  • ニキビ
  • くすみ
  • アンチエイジング
美肌促進化粧品の特徴

メラニン色素の還元作用や生成抑制作用、紫外線による活性酸素の除去(抗酸化作用)がもたらされることにより、しみ、くすみのトラブルの予防・改善に貢献してくれます。
さらにビタミンC誘導体には、美容成分としてよく知られているコラーゲンに影響を与える効果があります。ビタミンC誘導体がコラーゲンに作用し、生成促進、分解抑制の効果が発揮されることで、ハリ・弾力のある肌へと導かれます。

使用方法
  1. 化粧水として、朝・晩、洗顔後に指先で、顔全体に薄くのばしてください。
  2. 用法・用量を正しく守りご使用下さい。
  3. お肌に合わない場合は、直ちに使用を中止してください。

肌質改善化粧品(トレチノイン酸ゲル・HQクリーム)

レチノイン酸はビタミンAの誘導体で、生理活性はビタミンAの約300倍であり、ビタミンA類の体内での生理活性の本体そのものです。米国ではシワ、ニキビの治療医薬品として、FDA(米食品医薬局)に認可されており、非常に多くの患者さんに皮膚の若返り薬として使用されています。本院では米国の製品にさらに改良を加えたものを処方しています。

このようなお悩みの方にお勧め
  • しわ
  • 小顔
  • 多汗症
美肌促進化粧品の特徴

レチノイン酸には、肌の表面である表皮の細胞分裂を促進する働きがあります。そのため、表皮のシミを奥から押し出して古い角質と共にはがし、細胞分裂によってキレイな皮膚を再生してくれるのです。特に、頬にできるシミである肝斑のケアには高い評価があります。
また、皮脂を分泌する皮脂線に働きかけるレチノイン酸には、皮脂の分泌を抑制する作用も期待できます。皮脂バランスが整い皮脂が過剰に出なくなれば、ニキビのような肌トラブルを防げます。余分な皮脂はテカリの原因にもなるため、メイク崩れの改善にも役立てられます。

使用方法
  1. 夜、洗顔のあとビタミンCローションをお顔全体につけてから、しみの所に薄くトレチノイン酸ゲル・HQクリームを塗ってください。
  2. 用法・用量を正しく守りご使用下さい。
  3. お肌に合わない場合は、直ちに使用を中止してください。

ページ上部へ戻る